整骨とは

 

町でよく見かける「整骨院」「接骨院」「ほねつぎ」の先生を柔道整復師と言います。

 

柔道整復師は、「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷等のけがに対して、応急的または医療補助の目的をもって、その回復を図る施術を業として行う者」と法的に認められた、 補完医療を業とする医療従事者です。

(厚生労働大臣免許の国家試験に合格した資格保有者が、保健所に届け出た上で開業しています)

 

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷等のけがに対し、人間が本来持っている「治ろう」とする力(自然治癒力)を最大限に発揮させる治療を、必要に応じて医師と連携しながら行います。
手術などの外科治療や薬物に頼らず、治癒力を引き出すことでけがの回復を手助けする日本古来からの民族医療であり、手技や温熱療法を中心とした人にやさしい療法です。

 

負傷した場合は 軽い痛みだからといって自己判断せず、整骨院・接骨院に相談しに行きましょう。

その際、負傷箇所の痛みや腫れの程度をよく観察して、負傷原因・負傷月日・場所等を説明できるようにしておくと良いでしょう。

 

 

骨・筋・関節を主とする運動器にさまざまな外力が加わって起こる骨折・脱臼・捻挫(ひねる・くじく・突き指・むち打ち・ぎっくり腰・関節の痛み)・打撲(ぶつける・転ぶ)・挫傷(スジを違える・肉離れ・コムラ返り)の軟部損傷に対して医療マッサージやストレッチ・電気・物理・運動療法をする事で治癒力を高め、痛みを緩和させる治療法です。 

 

その、治療が必要な時というのは簡単に言うと日常生活を送っていて起こる様々な痛み、例えば朝起きて首が動かなくなる寝違いや何気なく腰を曲げた時に突然激しい痛みに襲われた時です。

ギックリ腰の治療・肩、頚の痛み、スポーツをして起こるケガや痛み・子供の肘の抜けた時の整復、膝痛などが適応です。

 

 整骨院・接骨院では保険診療が基本となりますが、整体・カイロプラクティック では保険の効かない自由施術となります。

整体師やカイロプラクターは、新しいタイプの医療類似行為者であり、ともに民間スクール(私塾)はあり ますが、厚生労働省が認めた公的な資格ではありません。
(民間資格=私塾の免状)

 

柔道整復師は国家資格ですので国が定めた基準を整備し、保健所等への届け出をした上で 開業しております。
整体やカイロプラクティック等は民間療法ですので保健所への届け出はありません。
結果、行政もそこで起こるトラブルには関与致しません。
事前にお問合せの上、正規の国家資格保有者に掛かる事をお勧め致します。 

 


鍼灸とは

 

身体に点在するツボ(経穴)を刺激する事で自然治癒力を高めたり痛みを緩和させる治療法です。

 

 まず、血液の流れが変わります。

血液の流れすぎや不足を正常な流れに戻します。 血液の流れすぎは、脈うつような痛みや捻挫の腫れなどがあります。

また、血液の流れが不足すると慢性の腰痛や肩こり・足のむくみなどが起こります。 この様な症状を改善する事が出来ます。

 

次に、気の流れが変わります。(自律神経を調整します)

なんとなくやる気がでない、気がのらない、気分が悪いなどという事はありませんか?

それが気の流れの不調です。気も流れすぎたり不足したりするといろんな症状を引き起こします。

気の流れすぎは、イライラ・不眠・動悸など。気の不足は現代流にいうと慢性疲労症候群、うつなどになります。

気の流れを正常に戻す事で改善する事が出来ます。

 

さらに、内蔵の機能を正常に戻します。

鍼灸をツボ(経穴)にする事で内蔵の機能を正常に戻す事が出来ます。体性内蔵反射といわれています。
生理痛・胃痙攣・食あたり・食欲不振・逆流性食道炎などに効果的です。