腰椎椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアとは、腰の骨(腰椎)と骨の間にある椎間板というクッションの中身が飛び出ている状態の事を言います。

ヘルニアというのは
『本来あるべきところから脱出している状態』
の事をいい、首なら『頸椎ヘルニア』といいます。

椎間板を大福餅に例えるなら、中のあんこが飛び出た状態が椎間板ヘルニアになります。

 

その飛び出たヘルニアが、神経に触れたり圧迫する事で『痛み』症状が起きます。

とび出る場所によって、腰の痛みだけではなくお尻の違和感、脚の痺れや感覚異常などがでます。

 

 

腰に過剰な負担を掛けず、しっかりと休息をとる事が一番の予防になります。

 

・足を組んだり、横座りをしたりと偏った姿勢を長時間しない

・普段から冷やさない
・急に重いものをもったりしない
・適度な運動をする

 

というのが大事です。

 

 

それでも脚が痺れる腰痛になってしまった場合は、整形外科を受診し、レントゲンやMRIで診断してもらいましょう。

症状が軽い場合は『保存療法』といって、処方される薬や湿布などで症状が落ち着くのを待つ事になります。

これは時間とともに、ヘルニアが身体に吸収されるからだと言われています。
この場合、吸収を促す為に温めたりマッサージを受けることで患部の血行を良くすると症状の回復が早まります。

 

整骨整体・手技療法では、腰の骨が正しい位置に無いために椎間板に負担がかかりヘルニアになってしまうと考えます。

その歪んだ状態を改善する事で、痛みを軽減し楽にしていきます。