シンスプリント

 

スポーツをする中学生~高校生に多い症状の一つで別名、『脛骨過労性骨膜炎』とも呼ばれています。

症状は、脛(すね)の特に内側部分の痛みで、陸上競技・サッカー・バレー・バスケットボール・テニスというようなジャンプ系の瞬発力を必要とする競技者に多く見られます。

 

原因は

 

・良くないラニングフォーム
・足に合わないシューズ
・コンクリートの上での走りこみ
・筋肉の酷使
・筋力不足
・柔軟性不足

が、あげられます。

特に練習量が極端に増える事で発症する事が多いようです。

重症化すると

 

「少し触れるだけで痛い」

「しばらく休みを貰ったのに1日練習をしたら再発した」

「歩くだけでも痛い」

 

というように、激しく、しつこい痛みに襲われる場合もあります。

シンスプリントは痛みを我慢して悪化させると、『疲労骨折』にも繋がる症状の一つです。

 

痛みを感じる初期段階で早めに対策をすることで、回復を望めますが、重症化するほど治癒に時間がかかります。

痛みを感じるようであれば、ランニングフォームの見直しや練習メニューの見直しなどを行ってください。

 

初期のシンスプリントなら整体整骨・手技療法で疲労を解消すると早く回復をしていきます。

 

もし、症状が疑われる場合は早めに施術を受ける事をお勧めしています。

きっとすぐに復帰し、部活動に打ち込めますよ。